top of page
検索
  • thepowerstation

基本に返る。より本当の基本に返るとは?

基本に返るというと、地味に、基礎を、コツコツと。

やらなければいけないから。つらいもの・・・。

などなど、ちょっとマイナスな感情が入ってきがちな人は多いのではないでしょか。

私もそうでした・・・。し、たまにまだなります(笑)

赤ちゃんから成長していく段階で、何かできた喜び、ワクワクする体験、冒険。

ここが基本にあるから成長していくし、進化をしていくのではないか。

基本に返るを、ただの地味な反復練習にしてはいけない!

地味な反復練習をやるにも、これをやってこうなればこうなる!みたいなワクワクがなければ、それは基本ではなくなると思います。

子供達の目の色が変わる瞬間、スイッチが入った音が聞こえた時、興味津々で挑戦していく姿、改めて成長するにあたって大事なことを思い知らされます。

そういった経験がハイパフォーマンスを生みだす原動力になっていくのでは?と感じさせられるこの頃です。

基本に返るということ、基本に返った生き方。の考え方、概念、焦点を見直すきっかけになれれば幸いです。

追伸

基本という言葉だと、なんか嫌だな〜って感じちゃう人は、基本という言葉を使わないのも、ひとつの方法だと思います。(例、ワクワクの準備 みたいな)

補足

ワクワクする体験や冒険。その感覚が隠れセンスを顕在化させることに非常に役立つことを発見しMatsu methodに取り入れています。

隠れセンスは、トップアスリートのハイレベルなトレーニングだけで身に付くのではないという指針のもと、地味な反復練習の段階から身体と脳が意識できるようにメニューを組み、指導しています。

閲覧数:862回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Winning Ballを手にする為に!

読売ジャイアンツ 桜井俊貴投手。今年にかける思いが交差しながらの自主トレが終了! 今日のスポーツ報知さんにも取り上げていただき、更に気愛が入りました! また今年も、まだ見ぬ世界を、未来を見に行くために、仲間たちと一緒に歩んでいきます! 選手の応援と共に、ウイニングボールの応援、どうぞよろしくお願いします✨ 感謝✨ ウイニングボール 代表 松尾祐介 Yahooニュースにも(*^^*) ↓ htt

昨今、肩甲骨や股関節の可動域や柔軟性、背骨の連動性などもだいぶ叫ばれているが

昨今、肩甲骨や股関節の可動域や柔軟性、背骨の連動性などもだいぶ叫ばれているが、 ↓ それだけではまかなえきれない問題がたくさん出てきている ↓ 肩甲骨や股関節の可動域や柔軟性をアップした事によって、パフォーマンスが下がったり、ケガを誘発しているケースも少なくない そこで肩甲骨と股関節の機能として優れている順に大まかにまとめてみた ① しっかりとハマっていて、可動域・柔軟性がある ② しっかりと

bottom of page